IPO株なら初心者に優しいのではじめやすい

IPO株なら初心者に優しいのではじめやすい

IPO株とは、今まで株式市場に上場していなかった企業が、初めて上場する時に売り出される株式銘柄のことです。
このIPO株が初心者にも人気なのは、高い確率で初値で株価が値上がりすることが多く株初心者でも利益が得やすいからです。
株の知識や分析力があまりない初心者でも、比較的安心な株式投資がIPO株だといえるでしょう。

IPO株購入の流れは、まず新規上場する会社の「株式を買う権利」を抽選で手に入れます。
未公開株詐欺などと違い、取り扱うのは、しっかりとした信用のできる証券会社だから安心して購入することが可能です。 IPO株の販売は、上場する企業をサポートする主幹事証券会社とIPOを公募する引受会社のみがおこなえます。
すべての証券会社が、すべてのIPO株を扱えるわけではないので気をつけておきましょう。

IPOが決まると、その株価がどれだけになるかの仮条件が出されます。
その仮条件の範囲内で購入希望価格と購入希望株式数を申込んでおけば、締め切り後に決定された公募価格をもとに抽選で購入できる当選者が決定します。
当選者は、期限内に購入手続きをすることでIPO株を手にすることが可能です。

細かい手続きは、IPO株を取り扱う証券会社にやってもらえるので、詳しい知識がなくても株を購入することができます。
また、高い確率で初値に高値をつけることが多いのもIPO株の特徴です。購入後の初日に利益を得て、すぐに売却するだけでもちょっとしたお小遣い稼ぎになるでしょう。
時間をかけずに利益を得たい人や株式の分析などは苦手という人でも、比較的簡単に利益を得られるのがIPO株の魅力です。

ただし、すべてのIPO株が必ずしも上昇するとは限りません。公募価格より初値で値下がりする危険性もあるので、企業の収益性や成長性など様々な条件を見極めることが大切です。
また、購入するためには抽選に当たらなければならないので、確実に購入することができるわけではありません。

危険なIPO株を見極める方法

比較的危険性が少なく短時間で利益が出せる点が魅力のIPO株ですが、まったく危険がないというわけではありません。
現実的に初値で公募価格より値を下げる企業もあるので、購入の際にはしっかりと見極める必要があります。では、どんな点に気をつければよいのでしょう。
新規上場は、企業にとって大きな資金調達源となります。しかし、資金調達の時価総額比率が高いと潜在的な売り危険が高いということにもなり注意が必要です。

IPO株の場合、上場企業の株主構成にも注意が必要です。大株主がベンチャーキャピタルばかりの企業は、要注意です。
初値が高くついても、大株主が大量売りをすれば株価下落につながります。
ベンチャーキャピタルの場合、あくまでも投資目的での株式購入のため短期で株式を売却する可能性が高いです。
大株主が売却する前に、うまく売り抜けることで利益を確保するようにしましょう。
大株主には、ロックアップ期間という株式を売却できない期間があります。この情報をしっかりとつかんでおけば、損をするリスクも軽減され安心です。

企業の経営状態を見極めるのも大切です。 上場時に赤字の企業や利益を下方修正している企業などは、将来性を見込まれて上場しているケースが多いので見込み違いが発生することもあります。
将来的に業績が悪化するリスクがある企業には、充分な注意が必要だといえるでしょう。

IPOの場合、複数の銘柄が同日に発売されることもあります。この場合、やはり市場の資金は人気企業に奪われるので、それ以外の企業への投資には注意が必要です。
人気企業に資金が集中することで、他の上場企業は初値の公募価格割れをおこす可能性もあります。
IPO株購入で失敗しないためにも、充分な情報を得たうえで購入することをおすすめします。